季節性のインフルエンザはどの医療機関に行けばいいか

インフルエンザには季節性のものと新型のものがあります。新型インフルエンザは季節に関係なく感染することがありますが、季節性のものは主に秋から冬にかけて感染します。A型、B型、C型とありますが、主にA型のものに感染する人が多いです。
インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症のため、近くに感染した人がいるとすぐにかかる可能性があります。ウイルスは低い温度、低い湿度に強く、2日ほどは空気中にただようことができます。
インフルエンザに感染するといきなり高熱が出ます。その後、倦怠感や関節痛、頭痛が始まり歩くのもやっと、という状態になります。高熱が出た時点で季節性のインフルエンザを疑いますがどの医療機関にかかるのが良いか悩みますが医療機関は内科や耳鼻咽喉科でも大丈夫です。
医療機関にかかる際はあらかじめ電話をしておくか、もしくは受付にてインフルエンザの可能性があることを伝えます。これは感染経路がくしゃみや鼻水などの飛沫感染や接触感染、空気感染だからです。伝えておかないと他の人に移してしまう可能性があるので、必ず話すようにします。
また、医療機関だけでなく、外出した時や、家に家族がいる時はマスクを着用するようにします。マスクは使い捨てのものを使用し、捨てる際はビニール袋に入れるようにします。捨てた後は手にウイルスが付着していることがあるので、きちんと手洗いをするように気を付けます。
インフルエンザは小さい子どもや妊娠している人、お年寄りが感染すると肺炎や脳症、流産など重症化してしまうことがあります。感染者を増やさないためにもマスクの着用や手洗いをするといったことに気を付けます。また、喉や鼻の粘膜が乾かないよう、部屋の湿度に気を配るようにします。