夏のインフルエンザはどこからくるの?

インフルエンザにかかる可能性は冬だけではありません。
実は、夏にもインフルエンザになることがあります。
インフルエンザは型があり、A型、B型などが良く耳にします。
近年、ウイルスは海外から入ってくることが多く、とくに東南アジアからの侵入が多いでしょう。
インフルエンザの発症は古く、鎌倉時代とも平安時代とも言われており、当時は医療技術が現在よりも進んでいなかったため、はっきりとした原因が分からなかったと言え、当時は名前がしっかりとした名前がついておらず、死亡原因が原因不明であったのです。
ただ、この当時から冬の定番であったこの病気も、現在では夏にも患者が増えました。
考えられるひとつの原因として、対抗薬の開発があります。
インフルエンザ治療に使われる薬としてタミフルやリレンザ、イナビルなどは有名です。
さらに、予防用のワクチン開発も進み、体にあらかじめ抗体をつけておくことで、外からのウイルスに対抗することで感染予防とします。
ですが、様々な方法でウイルス感染をブロックするも、薬品開発が進むたびにウイルスが増強している側面もあり、薬に頼って病気を治す人間の身体の抵抗力は衰え、逆に人の免疫機能をすり抜けてウイルスが進化しており、冬場だけに活躍していたウイルスが夏場にもその脅威を発揮し、夏でもインフルエンザウイルスに感染する人が増えました。
インフルエンザウイルスに感染すると38度以上の高熱が出る特徴があり、悪寒やふらつき、食欲不振など、酷い症状では手足のしびれや痙攣、呼吸困難など命の危険にさらされることもあります。
夏場は外気温が高いことから、さらに体温を上昇させる可能性が高くなるため、夏場に熱が出た場合、早めの対処を考える必要があるでしょう。