インフルエンザの発生状況と対処法について

インフルエンザは、冬場に流行することが多いですが、いつも十一月から十二月にかけて流行し始めて、翌年の一月から三月にピークになります。インフルエンザにすでに感染している人のくしゃみや咳などで飛び散るインフルエンザウィルスを吸い込んでしまうことにより飛沫感染をしてしまいます。インフルエンザウィルスは吸い込む息と一緒にのどや鼻から身体の中に入り込んで、気道にある粘膜にくっつき細胞の中にまで侵入してきます。
身体の中に侵入したウィルスは、のどから気管支や肺に至り増殖します。感染して二日後ぐらいでウィルスが最も増殖して、その後は減っていきます。
対処法としては休養を取って安静にしているのが大切で、睡眠をとることが特に重要になります。そして、もう一つの対処法は適切な室温や湿度を保ち、水分をこまめに補給することが挙げられます。

室温は十八度から二十度ぐらいが適切で、湿度は50パーセントから60パーセントぐらいが適切です。インフルエンザは、風邪と比べると三八度以上の高熱が発生し、風邪にかかったときの症状だけでなく関節が痛くなったり、筋肉痛がしたり、だるくなったりして、肺炎や気管支炎などといった合併症を引き起こすことがあり、流行的に発生します。また、ワクチンを予防接種しても全く感染しないことは保証できませんが、重症化するのを防止するためにも流行する前に受けておくことが重要です。また、ワクチンを接種して効果が現われるまでには二週間ぐらいの期間が必要なため注意する必要があります。一般的には一月から二月にかけて流行するため、ワクチンを接種するのは十二月の上旬ぐらいまでが望ましいです。ワクチンの効果は五ヶ月間継続するため、その年の流行している時期の対処法となります。