インフルエンザの吸入薬は何日目までに使用するべきか

インフルエンザウイルスに感染した場合、治療法として経口薬や吸入薬の投与、点滴注射など複数ありますが、現在は吸入薬が良く使われるようになっています。吸入薬の特徴は、経口投与薬と違い一度の吸入で治療が完結することにあります。経口投与薬の場合は、処方されてから数日間は毎日かつ毎食後に服用する必要があり、飲み忘れの可能性も否めません。薬が苦手な小さな子供や、飲み込むことが難しい高齢者などにとっては、苦痛と感じることもあります。

一方、吸入薬の一つとして知られるイナビルの主成分ラニナミビルオクタン酸エステル水和物は、効果が長続きすることから、10歳未満であれば1容器、10歳以上は2容器を1度吸入するだけで済み、患者の負担を大幅に減らすことができます。
発症から何日目に吸入すべきなど厳しい条件はありませんが、他のインフルエンザ薬と同様、発症から48時間以内に吸入することが望まれます。吸入による副作用は少ないとされていますが、稀に下痢や吐き気などを催すことがあります。
また、吸入が一度で済み回復が早まる傾向にありますが、インフルエンザウイルスが完全に撃退されるまで日数を要するのは他のインフルエンザ薬と同様です。例え体調が良かったとしても、発症してから最低でも5日間、解熱後2日間は自宅で休養し、感染の拡大を防ぐことが重要となります。

イナビルには、インフルエンザを予防できるというもう一つのメリットがあります。高齢者や慢性呼吸器疾患などを患っている本人やその家族で、かつ10歳以上の人しか認められていませんが、20mgを1日1回2日間にわたって吸引することで、インフルエンザを約10日間予防することができます。