改めて学ぶインフルエンザの怖い症状とは

高熱の数字がある体温計

インフルエンザは、ウイルスに感染することで症状が出てくる感染症です。
感染すればリレンザやタミフルで治療することになります。
ただし免疫力が強い人や、体力が十全な人の場合は、感染しても症状が出てこない、または出てきたとしても軽症で済むこともあります。
ですから逆を言うと、免疫力や体力が弱い人の場合は、インフルエンザが重症化して、時に命にかかわるような事態に発展することもあると言うことです。
インフルエンザの怖い症状として、まずは急な高熱が挙げられます。

風邪の場合は、どんなに高熱になったとしても38~39度程度だと言われていますが、インフルエンザの場合は、急激に40度以上の高熱に見舞われることもあります。
そしてこのような高熱に、先で述べたような免疫力や体力が低下している人が襲われると発症するリスクが高くなるのが脳症です。
特にこれは乳幼児に発症することが多い合併症なのですが、成人でもかかることがあるので注意が必要です。

それから同じ免疫力、体力が低下している人でも、特に高齢の人が注意したいのがインフルエンザによる肺炎です。
インフルエンザウイルスを原因として肺炎が引き起こされることもありますが、インフルエンザによって体が衰弱しているところに、肺炎を引き起こす原因菌に感染してしまい引き起こされるケースが多いとされています。
また体が衰弱している時に食べ物や唾液などを誤嚥してしまうと、それが原因で誤嚥性の肺炎を引き起こしてしまうことも少なくはないケースです。

勿論、こちらも健康な成人でもかかることがあります。
そしてこれ以外には、関節炎や急性胃腸炎もインフルエンザによって引き起こされることがある、怖い症状です。
また心筋炎や心膜炎など、心臓に対しての症状が出てくる恐れもありますから、症状が長引いたり、胸や肺などに痛みを感じると言う場合には、早急に医療機関にかかることが必要です。

インフルエンザにならないための予防が大切

マスクの女性

インフルエンザに感染しないためには、その感染経路を断つことがいちばんです。
感染経路とは、インフルエンザであればそのウイルスが人の口腔内や鼻腔内に侵入する経路のことです。
ウイルスを原因として、人から人へとうつる病気はこの感染経路を持っているのですが、インフルエンザの場合は3つの感染経路があります。
まずは飛沫感染です。
これはウイルス感染者が咳やくしゃみをすると、飛沫が飛び散ります。

その飛沫を周囲の人が吸い込んでしまうことで感染してしまうと言う経路です。
この感染経路によってインフルエンザに感染しないための方法としては、人ごみ中に行く際にはマスクを着用することが有効です。
次は空気感染です。
これは先述したような状態で飛んだ飛沫の核が空気中に漂うことで、その中に含まれているウイルスを吸い込んでしまうことで感染すると言う経路です。
これは特に、空気が乾燥している季節に起こりやすい感染経路で、インフルエンザの爆発的感染の原因にもなる経路です。
この経路によって感染しないためには、やはりマスクを着用すること、また空気が乾燥している季節においては、加湿器などで空気に湿気を含ませることも効果的です。
そして両方に対して有効な予防法としては、帰宅後などにはしっかりとうがいをすることが挙げられます。
そして最後は接触感染です。

これはウイルスに感染している人がくしゃみをする際、口元に手を当てたとします。
するとその手にはウイルスが付着していますから、次にその手が触れたものにウイルスが移ってしまうと言う経路です。
この経路によって感染しないためには、手洗いの励行が有効です。
帰宅時は勿論のこと、同居している人にインフルエンザ患者がいる場合も同様です。
またこの場合は、できるだけ過ごす空間を別にして、食器なども共有しないことが、感染しないためには求められます。

冬場に気を付けたいインフルエンザとノロウイルス

手洗いとウイルスのイメージ

冬場はどうしても空気が乾燥しているので、夏場に比べるとウイルス感染しやすい環境となっています。
その為、インフルエンザやノロウイルスが大流行してしまう場合もあり、学校などでは学級閉鎖になる事も珍しくありません。
これを防ぐ為には、手洗いうがいをしっかりと行う事が重要で、手洗いはただ掌を綺麗にするだけでなく、指の間、肘の近くまできれいにしておくと完璧です。
うがいに関しては外出から帰ってきたら必ず行うようにします。

そうする事によって、体内に侵入するウィルスの量を減らす事が期待出来、インフルエンザなどに感染してしまう可能性が低くなって行きます。
もちろん予防接種も重要ですが、こうした日常的な注意も感染拡大を防ぐ為にはとても重要な事です。
ただ、ウイルスと言うのはいつも同じ形でいるわけではなく、進化変異していく事もあります。
変異したインフルエンザやノロウイルスに対しては、人間は全く抵抗を持っていない状態なので重篤化、感染拡大をしてしまう可能性も予想されます。
外出する時はマスクを必ず使う事、さらに家族でインフルエンザとかノロウイルスになった人がいる場合は、その人との接し方を十分気を付ける事が重要です。

安易に自分は移らないからと言って注意せずに接していると、気が付いたら自分自身も発症している可能性もあるので注意しましょう。
またもう一つ気を付けたいのが、薬の服用に関してです。
病院で処方されるインフルエンザに効く薬は体内にあるウイルスをいなくする為に必要なものなのですが、症状が良くなったからと言って途中でやめてしまう人も珍しくありません。
そうするとウイルスに薬に対する耐性が備わってしまう、つまりその時点で変異してしまう事にもつながるのでとても危険です。